• 山内裕司

<持続化給付金の続報>


持続化給付金の最新情報が入りました。


1.今年創業の事業者も対象か?

     2020年1月以降に創業された事業者は持続化給付金の対象外でした。しかし、創業からま

     もない事業者の支援を求める声が相次いでいることから、政府は支給の対象に含める方

     向で調整に入りました。


2.給付額の算定案

    今年1月から3月末までに創業し、事業者が決める特定の月の収入が3月までの収入の平

    均よりも50%以上減少している事業者で給付額の上限は100万円とする案を軸に検討が進

    められている。


    計算例 収入 1月 100万円

    2月 90万円

          3月 80万円

             4月 50万円

        5月 30万円

          

          1月~3月の平均収入:(100+90+80)/3=90万円

          90万円×50%=45万円 > 30万円(5月の収入)  ∴給付額の対象になる


    給付額の算定案はここまでであり、今後具体的な計算式が示されると思われます。


3.雑所得も対象に?

    前回のブログにおいて、フリーランス等の個人事業者が「事業収入」ではなく、「雑所得」で確

    定申告をしていた場合は支給の対象外となり問題であると指摘していましたが、これについ

    ても対象に含める方向で調整が行われるようです。

    但し、「不動産収入」は含まれていません。「不動産収入」は所得の分類こそ「事業収入」と異

    なりますが、同じ事業性収入であり対象に含めるべきです。


     

最新記事

すべて表示

待ったなしの老後と相続

<第15回 一次相続・二次相続対策> 1.父親が亡くなって次の母親が亡くなるまで18年あるというデータがあります。 そこで、一次相続では相続税対策や法定相続分による遺産分割を前面に出すのではなく、 18年間の母親の生活設計を優先させた対策を考えるべきです。 2.一次相続では配偶者の税額軽減特例(※)が使えるため、配偶者が相続税を支払うケース はほとんどありませんが、二次相続では配偶者の税額軽減特例

待ったなしの老後と相続

<第14回 不動産対策> この不動産対策は、相続税が課税される人にとっての対策です。 不動産対策はさまざまありますがその一部をご紹介します。 1.賃貸アパートを建てる 賃貸アパートを建てると土地は公示価額の8割程度、建物は建築価額の5~6割程度 に評価額が下がります。 また、その土地は「小規模宅地等の特例」(※)といって200㎡まで50%の評価減を受け ることが出来ます。 2.駐車場を作る 上記と

待ったなしの老後と相続

なりません<第13回 生前贈与> 1.相続税がかかる人にとっては生前贈与は節税効果がある方法です。 年間110万円以下の贈与であれば贈与税は課税されませんので、子どもや孫に贈与 するとよいでしょう。 但し、相続開始前3年以内の贈与は相続財産に加算されてしまいます。 2.長男に実家や会社を相続させたいものの次男にやれる相応の相続財産がない場合、 次男に生前贈与して遺留分の放棄をしてもらう。 但し、遺