• 山内裕司

東員町中小企業等持続化給付金

東員町版持続化給付金が発表されました。

これは、国が実施する「持続化給付金」の交付を受けていない事業者に対する町独自の給付事業です。


給付額: 法人 一律40万円    個人事業者 一律20万円

要 件: ① 東員町内に本社を有する法人

      ② 東員町内で事業を行う個人事業者

      ③ 国の「持続化給付金」のように、売上が「前年比50%以上減少」という要件はなく、売

        上が前年比増加していても申請できます。

受付期間: 令和2年8月28日(金)~令和3年1月29日(金)

申請方法: 郵送のみ

添付書類: 法人の場合

         ① 申請書(ホームページからダウンロード)

         ② 誓約書(ホームページからダウンロード)

         ③ 2019年の確定申告書別表一(収受印か受信通知が必要)

         ④ 2019年の事業概況説明書(両面)

         ⑤ 法人町民税確定申告書(第20号様式) 

         ⑥ 2020年の売上台帳等

         ⑦ 履歴事項全部証明書(法務局で取得)

         ⑧ 申請者名義の通帳写し(表面と見開き面)

        個人事業者の場合

         ① 申請書(ホームページからダウンロード)

         ② 誓約書(ホームページからダウンロード)

         ③ 2019年の確定申告書別表一(収受印か受信通知が必要)

         ④ 2019年の青色申告決算書2枚(白色申告者は収支内訳書2枚 

         ⑤ 2020年の売上台帳等

         ⑥ 住民票(3か月以内で原本)

         ⑦ 運転免許証等の本人確認書類

         ⑧ 町内で事業を行っていることがわかる営業開始届等

         ⑨ 申請者名義の通帳写し(表面と見開き面)


私は東員町内で税理士業務をしておりますので、申請にあたって分からないことがあれば遠慮なくお尋ねください。


山内裕司税理士事務所  三重県員弁郡東員町笹尾東3-21-16

                 0594-76-6572

最新記事

すべて表示

待ったなしの老後と相続

<第15回 一次相続・二次相続対策> 1.父親が亡くなって次の母親が亡くなるまで18年あるというデータがあります。 そこで、一次相続では相続税対策や法定相続分による遺産分割を前面に出すのではなく、 18年間の母親の生活設計を優先させた対策を考えるべきです。 2.一次相続では配偶者の税額軽減特例(※)が使えるため、配偶者が相続税を支払うケース はほとんどありませんが、二次相続では配偶者の税額軽減特例

待ったなしの老後と相続

<第14回 不動産対策> この不動産対策は、相続税が課税される人にとっての対策です。 不動産対策はさまざまありますがその一部をご紹介します。 1.賃貸アパートを建てる 賃貸アパートを建てると土地は公示価額の8割程度、建物は建築価額の5~6割程度 に評価額が下がります。 また、その土地は「小規模宅地等の特例」(※)といって200㎡まで50%の評価減を受け ることが出来ます。 2.駐車場を作る 上記と

待ったなしの老後と相続

なりません<第13回 生前贈与> 1.相続税がかかる人にとっては生前贈与は節税効果がある方法です。 年間110万円以下の贈与であれば贈与税は課税されませんので、子どもや孫に贈与 するとよいでしょう。 但し、相続開始前3年以内の贈与は相続財産に加算されてしまいます。 2.長男に実家や会社を相続させたいものの次男にやれる相応の相続財産がない場合、 次男に生前贈与して遺留分の放棄をしてもらう。 但し、遺