• 山内裕司

<宗教法人へ寄付する場合の税務について>

檀家さんのなかには菩提寺へ相続財産等を寄付したいけれども、税務の取扱いがどうなるの

か心配されている方もいるのではないでしょうか。

ここではその税務の取扱いを説明します。


1.生前寄付

2.遺言による寄付(遺贈)

3.相続人が受取った相続財産の寄付


① 寄附財産が現預金等の場合

   公益を目的とする事業を行う菩提寺(公益法人)に対して行う上記3形態の寄付は、檀家及

  び菩提寺とも原則課税されることはありません。


② 寄附財産が不動産(土地、建物等)の場合

   土地を菩提寺に寄付した場合はどうでしょうか。土地を寄付した檀家には土地の値上がり益

  に対して譲渡所得税が課税されます。

   菩提寺には原則課税されません。

   2のケースでは、被相続人に譲渡所得税が課税されますので、準確定申告をしなければな

  りません。

   但し、その寄付が菩提寺の公益の増進に著しく寄与することなど一定の要件を満たすものと

  して国税庁長官の承認を受けたときは譲渡所得税を非課税とする制度があります。


③ 寄附全般について

   寄附をした者の親族その他これらの者と特別の関係がある者の贈与税、相続税の負担が

  不当に減少する結果となると認められるときは、菩提寺を個人とみなし、贈与税、相続税が課

 税されます。

  3のケースで、相続税の申告期限までに寄附をした場合、寄附財産に対する相続税が課税さ

 れないメリットがあります。

  残念ながら、菩提寺のような宗教法人に対する寄附は所得税の寄付金控除の対象にはなり

 ません。

  土地等不動産を寄附した場合、譲渡所得税を非課税とする制度があるとはいえ、その手続き

 は煩雑であり、できれば避けたいものです。

最新記事

すべて表示

みんなの税理士相談所

この度、ブルーリーフパートナーズ株式会社が運営する「みんなの税理士相談所」に掲載されました。 https://minnano-zeirishi.jp/artcle/38 今後は、この「みんなの税理士相談所」のサイトを通じてお問い合わせいただくこともできます。 よろしくお願いいたします。

確定申告は煩わしくないですか

年一回ではあるけれども、毎年確定申告の時期に税務署か確定申告会場へ出かけられて申告している納税者の方、長時間待たされてうんざりしていませんか。 そのような方は、収入は給与と年金 所得控除は社会保険料、生命保険料、医療費控除等が多いと思います。 事務量にもよりますが、当事務所が5,000円~10,000円でお受けいたします。 当事務所に必要資料を送っていただければ電子申告いたしますので、確定申告会場

無料で税務相談いたします

税務相談するとお金を取られるのではないか? 大丈夫です。 初回目の面談や電話、メール、ファックスは無料で対応しています。 初回目の面談等でその後の対応を考えていただければ結構です。 相続、贈与、確定申告、税務調査・・・どんな相談にも応じます。 税務で解決できない問題は、知り合いの弁護士等の専門家にお繋ぎします。