• 山内裕司

<宗教法人の源泉徴収について>

①「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」について

  この申告書の意味合いを理解していない方が多いため説明いたします。

  この申告書は主たる勤務先に提出することによって始めて、毎月の給与を月額甲蘭で税額計算してもらえ、年末になると年末調整してもらえるというものです。

  したがって、この申告書を提出しないと、勤務先は毎月の給与を月額乙蘭で計算することになり、年末調整もすることはできません

  源泉徴収義務者である会社等の税務調査において、この申告書を従業員やパートから収受していなかったばかりに、月額乙蘭と認定され追徴されるはめになります。

  住職や宮司も宗教法人が主たる勤務先であれば宗教法人にこの申告書を提出しなければ月額甲蘭による税額計算も年末調整もできないことになりますので注意が必要です。


②2か所給与の源泉徴収について

  平日は会社に勤務して土日は宗教法人の仕事をしている住職や宮司の方も多いかと思います。この場合は、一般的には会社が主たる勤務先で宗教法人が従たる勤務先になります。

  したがって、会社のほうに「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出することによって月額甲蘭による税額計算及び年末調整がされ、月額乙蘭で計算された宗教法人の給与と合算して確定申告することになります。


③兼務寺から給与がある場合について

  主たる勤務先の宗教法人に「給与所得者の扶養控除等(異動)申告書」を提出して月額甲蘭による税額計算及び年末調整をし、兼務寺の給与は月額乙蘭で計算します。そして、両方の給与を合算して確定申告することになります。

  ただし、兼務寺の給与を給与としてではなく、主たる勤務先である宗教法人の役僧収入として受け取れば、主たる勤務先である宗教法人で年末調整をすることができ、確定申告をする必要がありません。

最新記事

すべて表示

待ったなしの老後と相続

<第15回 一次相続・二次相続対策> 1.父親が亡くなって次の母親が亡くなるまで18年あるというデータがあります。 そこで、一次相続では相続税対策や法定相続分による遺産分割を前面に出すのではなく、 18年間の母親の生活設計を優先させた対策を考えるべきです。 2.一次相続では配偶者の税額軽減特例(※)が使えるため、配偶者が相続税を支払うケース はほとんどありませんが、二次相続では配偶者の税額軽減特例

待ったなしの老後と相続

<第14回 不動産対策> この不動産対策は、相続税が課税される人にとっての対策です。 不動産対策はさまざまありますがその一部をご紹介します。 1.賃貸アパートを建てる 賃貸アパートを建てると土地は公示価額の8割程度、建物は建築価額の5~6割程度 に評価額が下がります。 また、その土地は「小規模宅地等の特例」(※)といって200㎡まで50%の評価減を受け ることが出来ます。 2.駐車場を作る 上記と

待ったなしの老後と相続

なりません<第13回 生前贈与> 1.相続税がかかる人にとっては生前贈与は節税効果がある方法です。 年間110万円以下の贈与であれば贈与税は課税されませんので、子どもや孫に贈与 するとよいでしょう。 但し、相続開始前3年以内の贈与は相続財産に加算されてしまいます。 2.長男に実家や会社を相続させたいものの次男にやれる相応の相続財産がない場合、 次男に生前贈与して遺留分の放棄をしてもらう。 但し、遺